インプラントの利点と難点

インプラントというと歯周病や外傷、虫歯によって歯を根からなくしてしまった場合に、ねじで歯ぐきの奧深く埋め込む人工の歯根つきの人工歯のことを言います。
人工歯根はねじのようになっていて、歯ぐきの奧の顎の骨に埋め込むように入れます。
今までは入れ歯やブリッジなどで補っていましたが、インプラントになると単独で人工歯根と歯を入れることができるので、回りの歯に負担もなくなります。

顎の骨にきちんと固定されるので違和感もなく、自然の歯のように噛むことができます。
もちろん固いものでも安心して噛むことができるようになるのも嬉しいところです。
また隣の歯を削ったり被せたり、負担を与えることもないので、その辺もブリッジなどに比べてメリットと言えます。

しかしデメリットもあります。
まず価格的には保険が利かないので、1本が30万から40万円となっています。
特に本数や難易度によっても価格は変わってきますが、やはり価格が高いところは大きなデメリットです。
またプラントは外科手術が必要になります。
医師の手術の腕も出来上がりに影響してきますので、専門の医師や慣れた医師による手術をおすすめします。
このように医師の技術に差があるところもまたデメリットではないでしょうか。

また全身に疾患がある場合は治療ができないということもあります。
そしてインプラントを維持するには口腔衛生管理と定期的な検診も重要になります。
1度入れてしまえば一生のものということは言い切れない場合もあるので、その辺もインプラントのデメリットになりそうです。